現在表示しているページ
ホーム > 園について > ごあいさつ
ここから本文です

ごあいさつ

 

 

平成30年度に向けた「教育活動の充実と幼稚園の運営」

学校法人  昭 和 幼 稚 園

 

昭和幼稚園は、子ども主体の遊びを通して“自ら学ぶ姿”を育てます。

                                      

  平成30年4月、新しい「幼稚園教育要領」が施行され、幼児教育からはじまる学校教育の中で育てなければならない資質や能力として、次の三つの柱が示されています。

①「知識・技能の基礎」=豊かな体験を通じて、感じたり、気付いたり、分かったり、出来るようになったりすること。

②「思考力・判断力・表現力の基礎」=気付いたことや出来るようになったことを使いながら、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりすること。

③「学びに向かう力・人間性など」=心情・意欲・態度が育つ中で、よりよい生活をつくり出そうとすること。というものです。

本園では『子どもがはじめて出会う“学校”です。』ということばも大切にします。これは『小学校から大学につながる“学び”の出発点として、より質の高い幼児教育を提供する役割と責任を果たす。』という決意とともに、“個人差”の大きい幼児期、きめ細かな学級担任制を大切にしながら一人ひとりの特性をしっかりと把握し、それを生かして学級の”集団性と協同性“を高める教育活動をより一層充実させます。

 今、学校生活をスタートさせた小学生が経験する不安や混乱を“小一プロブレム”ということばで表現し、幼稚園と小学校が協力して解決すべき教育課題として注目されています。学校現場では、お友だちとの関係に自信が持てない子や授業中立ち歩くなど集中力に欠ける子どもが増加しており、その解決のために『集団性や協同性を高める、より質の高い教育内容や子育てへの支援対策の充実』が強く求められています。

《幼児期は、“あそびまなび”(体験)ということが何よりも大切です。》

 子どもたちは、三歳になると自分のまわりの物事への関心が高くなり、人と人との関わりも急速に広がりはじめます。そして、家族に全てを依存していた生活から飛び出し、幼稚園での様々な活動を体験しながら、ゆっくりと“自立”に向かいはじめます。

 昭和幼稚園ではこのような発達の特性を踏まえ、お友だちとの集団活動を経験させる中で、一人ひとりの“良さや可能性”を見いだし、それを十分に伸ばします。そして、幼稚園の教育課程を修了するまでに、“生きる力”の基礎となる『意欲・心情・態度』をしっかりと身につけられるよう、個人差に応じたきめ細かな教育活動を進めます。

《『心情』『意欲』『態度』を、次のように考えています。》

  『心情』とは、「感受性が豊かで、やさしさや思いやりの心を持つ“やさしい子”」

  『意欲』とは、「何事にも興味を持ち、積極的にチャレンジする “かしこい子”」

  『態度』とは、「ていねいに取り組み、最後まで根気強く頑張る“たくましい子”」

 幼児教育で最も大切なことは、“あそびまなび”(体験)だと言われます。つまり、子どもたちは『幼稚園での豊かな“あそび”体験の中で多くの友だちとふれあい、自立に向かって多くのことを学ぶ。』という意味です。ですから、子どもたちは幼稚園が楽しければより一層大きく豊かに育ちます。「友だち大好き! 先生大好き! 幼稚園大好き!」と言っていただけるよう、30人の教職員が心を一つに、厳しさの中にもやさしさと楽しさに充ちた“昭和幼稚園づくり”をめざします。

enchou-komugi.jpg昭和幼稚園 園長
enchou-komugi.gif

ページトップにもどる